Home » 「今そこ演芸団」とは

私たち自身のための広告

 東日本大震災を目の当たりにし、私たちはNPO「今そこに落語と笑いを配達する演芸団」(法人化手続き、進行中)を結成することにいたしました。

 落語家さんを呼びたいんだけど予算もないし、どこへ頼んでいいか分からない。そんな被災地の声を聞きました。
 被災地に落語のボランティアに行きたいんだけど、交通費も大変だし、被災地以外での仕事が激減し余裕がなくなっている。そんな若手落語家の声を聞きました。

 私たちは、笑いや落語を配達します。被災地などの町内会や児童福祉施設、病院の小児病棟など、求められる場所へ落語会を届けます。

 落語ファンや落語家、落語会の主催者、出版社やレコードメーカーなど、落語によって生かされたり、落語の恩恵を受けている方々にさまざまな形で寄付を願って、活動資金を捻出します。

 落語会を開催したいという方、被災地に行く予定があるけれど資金面の援助が必要な落語家のみなさん、ぜひ私たちにアプローチしてください。

 まだ立ち上がったばかりで、よちよち歩きの組織ですが、いっときの熱意だけではなく、長い目で取り組む心づもりです。落語をしゃべれる場所を作り、落語を聴く落語ファンを1人でも2人でも作ることができたら、「今そこ演芸団」にとって望外の喜びでございます。 


「今そこ演芸団」とは
私たち自身のための広告
活動への寄付と「らくご商店」のお願い

ページトップへ